Machinery 保有設備Machinery 保有設備

ICT活用工事における各工程(測量・設計/施工計画・施工・検査)において、最新の機器と技術を導入することで、従来の工程を大幅に短縮できる作業の効率化に加え、安全性向上にも効果を生んでいる。これからも各メーカーと協同しながら、現場視点での最新技術の習得や最新機器のデモを通して、業界にとってのさらなる進歩に貢献したい。

ICT建設機械

ICT建設機械の活用方法として、現場に合わせた方式で位置情報と測量・設計/施工計画フェーズにおいて作成する3次元設計データを照合比較し、作業機のオペレータ操作支援をする自動制御等がある。従来必要とされていた丁張りや施工作業中の測量と、それに伴う修正施工作業が削減されることにより、費用と工期の削減と工期の短縮による生産性の向上と建設機械の稼動率向上を実現する。また二酸化炭素排出量の削減に伴う環境への配慮や、作業員との協同作業の削減により従来に比べ安全性の向上も可能。

BulldozerブルドーザーBulldozerブルドーザー

最先端テクノロジーで
現場をサポート

車体の各部にセンサー機器とGNSS受信機を取り付けることで、3次元設計データを利用したブレードの自動制御を可能。施工スピードと施工品質を向上させる。

Bulldozer ブルドーザーBulldozer ブルドーザー

切土・盛土

運転席のモニターで、ブレードの刃先と計画高を比較しながら切土・盛土高を確認できる。3次元設計データを基にブレードを自動制御することで、高精度で高効率な施工を実現。

整地作業

リアルタイムで正確な重機の位置情報を把握しながら、ブレードを自動制御することでオペレーティング経験不足でも高いレベルの整地作業を実現。

ICT施工対応「ブルドーザ」所有台数

マシンコントロール
CAT D10T
70t級
1台
CAT D6 LGP
24t級
1台
CAT D6N
17t級
11台
CAT D6K LGP
14t級
1台
CAT D3K LGP
9t級
2台
Backhoe バックホウBackhoe バックホウ

従来工法を覆す
確かな進化

衛生測位および姿勢センサによる機械の位置・姿勢情報と、施工目標の設計データに基づいて、機械のバケットをリアルタイムに自動制御し施工を行う。

Backhoe バックホウBackhoe バックホウ

法面成形作業

マシンガイダンスではモニターを見ながら正確に作業ができ、マシンコントロールでは複雑なバケット操作もなく半自動で容易に操作が可能。スムーズな仕上げを実現。

溝堀り作業

マシンガイダンスではモニターを見ながら正確に作業ができ、マシンコントロールでは設計面に沿って作業が可能。自動的に掘り過ぎを防止。

浚渫作業

目視が困難な水中での作業でも、モニターを使った正確な施工が可能で、深さなどの確認も不要であることから、作業を大幅に効率化できる。

敷き均し作業

マシンガイダンスではモニターを見ながら正確に作業ができ、マシンコントロールではバケット底面を使った均しや刃先を立てた水平引きも半自動で行うことが可能。

ICT施工対応「バックホウ」所有台数

マシンコントロール
ZX200X
0.8㎥級
7台
マシンガイダンス
CAT320E
0.8㎥級
4台
Lineup 測量設備Lineup 測量設備

無人航空機(UAV)

DJI
Matrice 600 Pro
6枚ペラ
1,668×1,518×727mm
1台
INSPIRE2
4枚ペラ
600×600×180mm
2台
amuseoneself
TDOT GREEN
グリーンレーザー
260×220×150mm
1台

GNSSローバ

ニコン・トリンブル
TSC3コントローラー
SPS985+TSC3
9台

マルチステーション

ライカ
MS60
ロングレンジスキャニング
スキャン範囲:1,000m
1台